診療内容
鎮静療法・全身麻酔

精神鎮静法

  • 歯科治療に強い恐怖心を持つ患者さんや、嘔吐反射が強い患者さんなどに歯科治療を行う場合、不安感や恐怖心を軽減でき効果的です。また高血圧や狭心症などの循環器系疾患や甲状腺の病気をお持ちの患者さんは、精神的ストレスで全身状態が大きく変化する場合があります。これらの患者さんに精神鎮静法を用いると、より安全性が高まることが知られています。
    精神鎮静法は吸入鎮静法と静脈内鎮静法の大きく2つに分けられます。

    吸入鎮静法

    低濃度の笑気ガスと酸素を吸入することにより鎮静を図ります。

    静脈内鎮静法

    静脈内に鎮静薬を注入することにより、鎮静を図ります。吸入鎮静法より高い鎮静効果が得られます。

全身麻酔法

  • 精神鎮静法で対応が不可能な症例に適応します。精神鎮静法に比べ意識が全くなくなり、長時間治療ができます。
    そのため、多くの虫歯を持っている場合、集中的に治療ができるので治療期間を短縮できるメリットがあります。
    障害者歯科認定医の先生が行動変容法を行い、歯科麻酔専門医の先生が精神鎮静法ならびに全身麻酔を行います。歯科麻酔専門医の先生が、精神鎮静法・全身麻酔による歯科治療の判断をいたします。患者さんの全身状態、症例によっては、精神鎮静 法や全身麻酔が出来ない場合があります。
    不明な点がありましたら、受付窓口(TEL 078-918-5664)までご連絡ください。

当診療所の予約やご相談は

平日午前9:30〜12:30 午後13:30〜17:00 土・日曜日 9:30~12:30
お問い合わせ